【procreate】超便利!procreateの塗りつぶし機能を紹介します! | 株式会社Esolab
logo

ARTICLE

記事ページ

記事ページ

【procreate】超便利!procreateの塗りつぶし機能を紹介します!

DESIGN

前回は簡単な背景の描き方の描き方を紹介しましたが、今回からはprocreateのおすすめ機能について紹介していきます。

procreateはイラストを描くのに画期的なアプリです。

 

procreateは買い切りの1220円です。

様々な機能が搭載されているのに1220円で購入できてしまいます!

ipadをお持ちの方には是非ダウンロードしていただきたいです。

今回はそのprocreateの塗りつぶし機能について紹介していきます。

  • 囲んでから塗りつぶす
  • 基準を指定して塗りつぶす
  • 塗りつぶし機能の注意点

を紹介しておりますので、これから絵を描く方は是非参考にしていただければと思います。

囲んでから塗りつぶす




広範囲をイラストを描いた線とは別のレイヤーで塗りつぶしたい時、手書きで全て塗りつぶすのは相当の時間と労力を要します。

そんな時に便利な塗りつぶし機能がprocreateには搭載されております。

まずは下図のように塗りたい色で線を縁取ってから、その中に塗りたい色にカーソルを引っ張る方法です

塗りつぶし
塗りつぶし

縁取る線の端がくっついていないと全範囲を塗りつぶしてしまうので注意しましょう。

塗りつぶし
塗りつぶし

基準を指定して塗りつぶす




procreateには基準という機能があり、選んだレイヤーに描いた線を基準にしてイラストを描いていくことができます。

下図のように線のレイヤーをタッチし、基準を押します。

塗りつぶし

するとレイヤーに基準の文字が表示されました。

これで基準の設定はできました。

塗りつぶし

そして新規レイヤーを作成して、そのまま塗りたい箇所に色をカーソルで持っていきます。

すると、基準線が設定されているので、そのせんの中を自動的に塗りつぶしてくれます。

塗りつぶし

しかしこちらも、基準にした線の端が繋がっていないと、塗りつぶしたい範囲以外まではみ出てしまうので注意しましょう。

塗りつぶし
塗りつぶし

塗りつぶし機能の注意点




塗りつぶし機能は時短にもなり非常に便利です。

しかし先ほども紹介したように、線が繋がっていないと塗りつぶしがはみ出てしまうという弱点があるので注意しましょう。

また、ペンの種類・筆圧・太さによっても塗りつぶし機能がしっかり機能しない場合もあるのでそちらも注意しましょう。

塗りつぶし
塗りつぶし

また、塗りつぶした上から違う色で一部だけ塗りつぶしたい時は、同じレイヤーではなく新規レイヤーを作成しそちらに描くようにしましょう。

同じレイヤーに塗りつぶしてしまうとうまく塗りつぶすことができないので注意しましょう。

塗りつぶし
塗りつぶし

まとめ




今回はprocreateの塗りつぶし機能を紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

注意点はありますが、うまく使いこなせるようになりましょう。

また、株式会社Esolabでイラストを含めたWEBのデザイン・制作をしております。

大阪でホームページ制作などを検討されている方は是非一度ご相談ください。

この記事を書いた人

秋田優香

グラフィックデザイナー

アーカイブ

カテゴリー

  • TECH (39)
  • OTHER (37)
  • DESIGN (35)
  • SEO (7)
  • MARKETING (6)
  • お問い合わせ

    株式会社EsolabではWEBサイトやECサイトの運営など多岐にわたり事業を展開しています。
    ホームページや自社ECサイトをお求めの方は一度お問い合わせください。

    お問い合わせ