【Illustrator】3分で!金色の文字を制作する方法 - 株式会社Esolab
logo

ARTICLE

記事ページ

記事ページ

【Illustrator】3分で!金色の文字を制作する方法

DESIGN

皆さんこんにちは!

今回はイラストレーターで金色(ゴールド)の文字を制作する方法をお届けします。

この方法を取得すれば、クーポンバナーなどのバナー制作に大いに役立つ事でしょう。

しかも今回は、難しい作業は一切なく3分で制作できる方法です。

それでは見てみましょう。

金色の文字の作り方

今回は「スペシャルクーポン」のテキストを金色にします。

1.新規カンバス&テキスト配置

カンバスを用意します。

今回は「900×290(px)」で設定しています。

カンバスの上にテキストを配置します。

今回はバナーを想定し「スペシャルクーポン」とします。

フォントとサイズは画像を参考にしてください。

2.テキストの加工

ここからテキストの加工に入っていきます。

まず、「ウィンドウ」の中の「アピアランス」を選択します。

「アピアランス」のツールバーが出てきます。

ツールバーの3本線をクリックし、「新黄色塗りを追加」を選択します。

これで「アピアランス」に「塗り」が追加されました。

次に追加された「塗り」のスウォッチ※1をクリックし「スウォッチライブラリー」を開きます。

※写真の黒い四角の部分

「スウォッチライブラリメニュー」をクリックし「グラデーション→メタル」の順に選択します。

メタル系カラーのメニューバーが開きます。

テキストを選択しながら好きなカラーを選択すれば、簡単に金色の文字の完成です!

3.グラデーションの変更

ここからは、完成したテキストのグラデーションを変更します。

メニューバーの「ウィンドウ」から「グラデーション」を選択してください。

グラデーションのメニューバーが表示されたら、丸部分を好きに動かす事で自分好みの好きな光沢感を表現できます。

完成したテキストはこちら

使用例

それでは、制作したテキストをバナーに配置してみましょう。

1.バナーに配置

今回はこちらのバナー素材に制作したテキストを置いてみたいと思います。

素材はイラストACさんからお借りしました。

サイトはこちら

先ほど制作した手順でテキストを制作し、配置したものがこちらです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は金色の文字を制作する方法をお届けしました。

制作に慣れれば、3分以下でテキストを金色にする事ができます!

今回ご紹介した方法に合わせ「ドロップシャドウ」や「光彩」をつけるともっとデザイン性の高いテキストを制作する事もできます。

皆さんの好きな方法でぜひ色々試してみてください。

こちらの記事も合わせてご覧ください

この記事を書いた人

アーカイブ

カテゴリー

お問い合わせ

株式会社EsolabではWEBサイトやECサイトの運営など多岐にわたり事業を展開しています。
ホームページや自社ECサイトをお求めの方は一度お問い合わせください。

お問い合わせ