【初心者向け】Illustratorのパスデータと画像データの違い - 株式会社Esolab
logo

ARTICLE

記事ページ

記事ページ

【初心者向け】Illustratorのパスデータと画像データの違い

DESIGN

今回はイラストレーターのパスと画像違いを説明します。

パス・画像とは

まずパスとは、イラストレーターのペンツールなどで作成する線でできたデータです。
拡張子は「.ai」です。
次に画像とは、ドットでできたデータです。
イメージとしては小さな四角形が集結してできた、点描画のようなデータになります。
拡張子はよく見かける「.jpg」「.png」データに当たります。

パスと画像の違い

まずは画像を見てください。
一見パスも画像も同じ顔のイラストに見えるかと思います。
ですがイラストレーターの「表示」→「アウトライン(⌘+Y)」で見てみると、 パスデータはしっかり顔の形をしていますが、画像データは四角形に表示されます。
これは、画像データは「ただの画像としてしか捉えられない」からなんです。
結局それで何が違うのかというと、パスは
  • ・拡大しても画像が低下しない
  • ・色、形の変更が簡単にできる
という点です。
まずそれぞれのデータを拡大した物がこちらです。 パスデータは拡大しても画質が荒くなっていませんが、画像データはガビガビしていてドットが見えています。
これは例えば小さなデータで大きなポスター印刷で入稿使用としたときに、
パスデータなら、どれだけ小さなデータでも拡大しても綺麗なデータで入稿できますが、
画像データは拡大すればするほど画質が荒くなってしまい、綺麗な状態で印刷ができなくなってしまいます。

つまりは、パスデータが最高ということです。

まとめ

今回はパスと画像の違いを紹介しました。
パスと画像の違いが分かると、印刷入稿などで失敗しないので是非参考にしてください。
また、株式会社Esolabでイラストを含めたWEBのデザイン・制作をしております。
大阪でホームページ制作などを検討されている方は是非一度ご相談ください。

この記事を書いた人

グラフィックデザイナー

アーカイブ

カテゴリー

お問い合わせ

株式会社EsolabではWEBサイトやECサイトの運営など多岐にわたり事業を展開しています。
ホームページや自社ECサイトをお求めの方は一度お問い合わせください。

お問い合わせ