【Photoshop】デザインの基本!パターンの作り方と使用方法 | 株式会社Esolab
logo

ARTICLE

記事ページ

記事ページ

【Photoshop】デザインの基本!パターンの作り方と使用方法

DESIGN

Photoshopでデザインをする時に「パターン」を使用したことはありますか?

パターンとは、レイヤーまたは選択範囲を塗りつぶすときに繰り返して描画される、つまり並べて表示される画像のことです。

今回はパターンの作り方と使用方法を紹介します。

すごく簡単なのでチャレンジしてみましょう!

パターンとは

パターンとは簡単に言うと、継ぎ目なく規則的に繰り返される模様のことを言います。

この画像の仕組みは、(100px)×(100px)の繰り返しに必要な最小パターンが敷き詰められてできています。

ですので、今からこのパターンを作ってみたいと思います。

パターンの制作

まず新規ドキュメントを制作します。

幅100px・高さ100pxで設定し「作成」をクリックしてください。

次に、ガイド線をひきます。

上のメニューバー「表示」→「新規ガイド」を選択してください。

「水平方向」「垂直方向」共に「位置:50px」で設定してみました。

ガイド線は制作するデザインによって変えてみてください。

ここからペンツールでデザインしていきます。

横のメニューバーから「ペンツール」を選択し画像のとおり「シェイプ」に設定してください。

設定ができたらこのように配置します。

これでデザインができました。

パターンの定義

制作ができたら、上のメニューバー「編集」→「パターンを定義」を選択します。

出てきたダイアログに名前をつけて「OK」をクリックします。

これで制作したデザインをパターンとして使用することができます。

パターンの使用方法

今回はテキストにこのパターンを指定してみます。

テキストを配置したらテキストのレイヤーをダブルクリックし、「レイヤースタイル」を開きます。

「パターンオーバーレイ」の「パターン」をクリックし定義したパターンを選択したら完成です。

(テキストをわかりやすくするために背景の色を変更しました!)

まとめ

いかがだったでしょうか?

Photoshopに初めからあるパターンや、パターン配布サイトでダウンロードしたデザインも使用できますが、オリジナルのパターンを作ることでさらにデザインが楽しくなる事間違いなしです。

次回は、パターンを使用したテキストのデザイン応用編をご紹介します。

みなさんも是非試してみてください。

この記事を書いた人

アーカイブ

カテゴリー

  • OTHER (56)
  • TECH (43)
  • DESIGN (43)
  • SEO (7)
  • MARKETING (6)
  • お問い合わせ

    株式会社EsolabではWEBサイトやECサイトの運営など多岐にわたり事業を展開しています。
    ホームページや自社ECサイトをお求めの方は一度お問い合わせください。

    お問い合わせ