【画像加工の基本】フォトショップで画像を切り抜く方法とは? Part2 - 株式会社Esolab
logo

ARTICLE

記事ページ

記事ページ

【画像加工の基本】フォトショップで画像を切り抜く方法とは? Part2

DESIGN

皆さんこんにちは。エソラボの壱丁田です。

前回は、Photoshop(フォトショップ)で画像を切り抜く方法自動選択ツール編を紹介しました。

とても簡単に画像を切り抜く事ができるのでおすすめしましたが、自動選択ツールでは上手く切り抜けない写真があります。

そんな時には、ペンツールを使用しましょう!

それではペンツールの使用方法を見てみましょう。

ペンツールを使ったトリミング

今回はこの画像を切り抜いていきます。

背景が複雑なものや、自由な切り抜きを行う時はペンツールを使いましょう。

まず、左のメニューから選択ツールのアイコンを右クリックして、ペンツールを選択します。

次に切りときたい画像の縁をクリックしながらアンカーポイントを追加していきます。

対象をパスで囲むと画像の様になります。

次に、右下のレイヤーが表示されているメニューから「パス」のタブを選択し、画像のアイコンをクリックしてください。

クリックで選択範囲が作成されます。

少し見えにくいですが白黒の点線が選択範囲です。

最後に上のメニューの「選択範囲」から「選択範囲を反転」をクリックします。

クリック後、デリートキーをクリックしたらトリミング完成です。

まとめ

いかがでしたか?

切り抜いた時に余白が目立つ様なら、対象の縁より少し内側にアンカーポイントを置いてみてください。

今回の方法は、手動でアンカーポイントを置いていくので少し時間がかかりますが細かい選択をしたい時におすすめの方法です。

是非みなさんも試してみてくださいね!

この記事を書いた人

アーカイブ

カテゴリー

お問い合わせ

株式会社EsolabではWEBサイトやECサイトの運営など多岐にわたり事業を展開しています。
ホームページや自社ECサイトをお求めの方は一度お問い合わせください。

お問い合わせ