普段から意識していますか?WEB制作会社がおすすめするフォントをご紹介します | 株式会社Esolab
logo

ARTICLE

記事ページ

記事ページ

普段から意識していますか?WEB制作会社がおすすめするフォントをご紹介します

DESIGN

皆さんこんにちは、エソラボの大西です。

フォントを選ぶとき、いつもどのような基準で選んでいますか?

おそらく多くの方は標準で備え付けられているフォントを選ばれていることかと思います。
それが雰囲気にあっているフォントであればいいのですが、そうではない場合もありますよね。
今回はWEBデザインでよく使われるおすすめフォントをご紹介していきます。

この記事では

  • 日本語フォントの選び方
  • Googleフォントのおすすめ

をご説明しているので興味のある方はぜひ参考にされてみて下さい。

日本語フォントの選び方

まずは日本語フォントをご紹介していきます。
今回は、WEBデザインでよく使われるゴシック体のフォントをご紹介していきます。

游ゴシック

こちらはMacOSやWindowsに標準で搭載されているフォントとなります。
標準で搭載されているフォントだからといってダサいわけではなく、むしろかなり使い勝手の良いフォントとなります。

弊社ではお客様のデザインを作成するときは、かなりの確率で游ゴシックを使用します。

見出しには向きませんが、本文のデザインで本領を発揮するフォントとなります。

Noto Sans

Noto Sansはデザイナーの中でもかなり評価の高いフォントです。

日本語フォントだけではなく、英語フォントにも対応しているので、日英の他言語サイトなどで統一感を出されたいデザイナーの方は是非使ってみてください。
フォントの特徴としては、少し丸く、可愛い感じの印象を与えてくれます。

ですので、硬い会社のデザインというよりかは可愛い系のデザインのサイトなどに向いています。

筑紫ゴシック

筑紫ゴシックは有名なフォントなので聞いたことある!という方も多いのではないでしょうか?

こちらは有料フォントとはなりますが、有料フォントなだけのバリューはあるフォントとなります。
游ゴシックなどより、フォント自体が少し上品な感じの印象を与えてくれるので、エレガントなデザインのサイトデザインをする際には最適なフォントとなります。

Googleフォントのおすすめ

Roboto

RobotoはGoogleのデザイナーが開発したフォントです。
AndroidやGoogleChromeなどでも使われているので、知らず知らずのうちにみているという方は多いのではないでしょうか?

少し丸いデザインになっているので、どの方が見ても見易く印象の良いフォントとなっているので、WEBデザインとの親和性が非常に良いフォントとなっております。

Oswald

Oswaldは、少し縦に長いフォントで、少し癖はありますが、そのぶん好きな人は好きなフォントではないでしょうか?
私は個人的にOswaldが好きで、よく使用します。

ステイリッシュな印象を与えてくれるので、IT系のサイトなどではよく使われることが多いかなと思います。

まとめ

以上おすすめのフォントをご紹介させて頂きました。
フォントは、ただの文字ではなくデザインの一部と捉えることで、これからのデザインの幅がかなり広がりますね!

これを機に自分のお気に入りのフォントを見つけて頂くと、良いかなと思います。

また街中で使われている看板のフォントなども色々と見てみてくださいね!

  • [お知らせ]エソラボでは企業や事業者様向けにWEB制作や様々なご提案をしています。

    また、簡単にお見積もりができるシミュレーターも設置しているので、ぜひお試ししてみてください。

この記事を書いた人

大西照

株式会社Esolab 代表取締役

アーカイブ

カテゴリー

  • TECH (34)
  • DESIGN (21)
  • OTHER (15)
  • MARKETING (6)
  • SEO (5)
  • お問い合わせ

    株式会社EsolabではWEBサイトやECサイトの運営など多岐にわたり事業を展開しています。
    ホームページや自社ECサイトをお求めの方は一度お問い合わせください。

    お問い合わせ