トーンカーブ基本のキ - 株式会社Esolab
logo

ARTICLE

記事ページ

記事ページ

トーンカーブ基本のキ

DESIGN

デザインをしていく中で、写真がなんとなくイマイチ、、なんでことありませんか?

そんな時、写真の編集に便利なトーンカーブについて、お話できればと思います!

トーンカーブの見方

トーンカーブとは

写真の編集をよく行う人ならおなじみのトーンカーブですが、中にはどんなものだろう?と不思議に思っている方もいると思います。

下写真の、グラフのような部分がトーンカーブと言います。



AdobeのPhotoshop、Lightroomなどにある機能になっていて、主に明るさやコントラストを調整する場所になります。

編集歴がベテランの方はよく使う、便利な機能です。

トーンカーブの見方

次にトーンカーブの見方についてです。



先ほども言ったように、トーンカーブでは明るさやコントラストを調整することができます。

その中でも上写真の青部分で画像内の暗い箇所、緑部分で中間調、オレンジ部分で明るい箇所の編集が可能です。

実際にやってみよう



基本的には上の写真の赤部分を動かすことで、写真が編集できるものになります。

例えば、全体的に明るくしたいと思えば上に引っ張ったり、



逆に暗くしたいなと思えば下に引っ張ったりします。



もう少し細かく編集したい場合は、



赤丸部分の、コントロールポイントと呼ばれるものを増やし調整します。

コントロールポイントを動かして調整していくのですが、
そうすることで、ポイントを置いた箇所の編集内容が固定され、ポイントを動かした部分のみの調整が可能になるので、より細かい部分の編集が可能です。

出来上がった画像がこちら!



最後に

私がトーンカーブで便利だなと、強く感じた時は画像の汚れ部分修正などの時です。

より、細かい部分の明るさが調整できる分、コントラストも同じく調整が可能なので、
コントラストを調整することで、ナチュラルに汚れを薄くすることができました。

明るさや画像の雰囲気だけでなく、色々なことが調整できるトーンカーブ、みなさんもぜひ積極的に使ってみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた人

アーカイブ

カテゴリー

お問い合わせ

株式会社EsolabではWEBサイトやECサイトの運営など多岐にわたり事業を展開しています。
ホームページや自社ECサイトをお求めの方は一度お問い合わせください。

お問い合わせ