【SEO対策】キーワードを選定して検索結果上位を取るためにする事とは? | 株式会社Esolab
logo

ARTICLE

記事ページ

記事ページ

【SEO対策】キーワードを選定して検索結果上位を取るためにする事とは?

SEO

みなさんブログ記事を書く時に何を意識しています?記事を書く目的として、GoogleのSEO対策として記事を書いている人は多いかと思います。しかし、ただ闇雲に記事を書いても期待した結果を得られないケースが多々あります。本記事ではキーワードをしっかり絞って記事を書くことがいかに大事かを詳しく解説していきます。

キーワード選定とは

SEO対策をする上で、どのキーワードで検索結果上位を狙うかをしっかり決める必要があります。このどのキーワードで検索結果上位を狙うかを決めることをキーワード選定と言います。

ではどのようにキーワード選定をすればいいのかを解説していきます。

自サービス関連のキーワード

まずは自サービスに関連するキーワードを狙いましょう。もしあなたのサービスが制作会社でホームページ制作を事業として展開しているのであれば、SEO対策キーワードは「ホームページ」、「ホームページ制作」といったキーワードになるでしょう。また、そのキーワードの後ろにサブキーワードも重要になります。あなたが大阪でその事業を展開しているのであれば、「ホームページ 大阪」のようなキーワードでブログ記事を書くのが効果的です。

検索ボリューム

キーワード選定する際に検索ボリュームもしっかりと見るようにしましょう。検索ボリュームとはそのキーワードで月、週、年間どのくらい検索されているかを表すものです。検索ボリュームが多い方がウェブ上で多く検索されているため、あなたの書いた記事が検索結果に引っかかる確率も高くなります。検索ボリュームが少ないキーワードでSEO対策してもあまり検索されないため、この検索ボリュームはキーワード選定する際にはしっかりとチェックするようにしましょう。

競合率

キーワード選定する際に検索ボリュームと同様に競合率もしっかりと見るようにしましょう。競合率とは特定のキーワードでどれくらいの競合がいるかということです。競合が多いと、検索結果で上位を取ることが難しくなり、しっかりと対策していないとなかなかユーザーにあなたの記事を見てもらうことができません。検索ボリュームが多いとそれだけ競合も増えるので、ある程度の検索ボリュームがあり、競合が多くないキーワードを選定することが大事になってきます。

キーワード選定に便利なツール

キーワード選定をする際に検索ボリュームや競合率などを調べるための便利なツールを紹介します。私がいつも使っているのはUberSuggestというツールを使っています。こちらはGoogleの検索エンジンに基づいているため、正確な数値がでるようになっています。また、こちらはほぼ無料で使えるものなので、とても重宝しています。みなさんもぜひ活用してみてください。

キーワードを意識した記事の書き方

キーワードが選定できたら、実際にそのキーワードを使って記事を書いていきます。意識することは基本的にその対策キーワードを文章の中で多く使用することです。キーワードを多く使用することで対策キーワードでの検索結果上位を狙うことができます。

タイトルとディスクリプション

タイトルとディスクリプションにキーワードを入れるのが最も効果的です。オーガニック検索では記事のタイトルとディスクリプションがユーザーに表示されます。そのため、タイトルとディスクリプションにしっかりとキーワードを入れておくことで検索結果上位を狙うことができます。

まとめ

タイトルとディスクリプションにキーワードを入れるのが最も効果的です。オーガニック検索では記事のタイトルとディスクリプションがユーザーに表示されます。そのため、タイトルとディスクリプションにしっかりとキーワードを入れておくことで検索結果上位を狙うことができます。

この記事を書いた人

黒坂天翔

開発部 フロントエンジニア

アーカイブ

カテゴリー

  • TECH (23)
  • DESIGN (9)
  • MARKETING (5)
  • OTHER (4)
  • SEO (3)
  • お問い合わせ

    株式会社EsolabではWEBサイトやECサイトの運営など多岐にわたり事業を展開しています。
    ホームページや自社ECサイトをお求めの方は一度お問い合わせください。

    お問い合わせ