SSL証明書って何? よく分からない方向けに解説します。 - 株式会社Esolab
logo

ARTICLE

記事ページ

記事ページ

SSL証明書って何? よく分からない方向けに解説します。

SEO

こんにちは、ライターのアキラです。 今回は、SSL証明書って聞いたことはあるけどよく分からないという方向けに詳しく解説をしていきます。

SSL証明書の役割

まず、SSL証明書には大きく分けて、2つの役割があります。 一つ目の役割は、「その通信が正しい通信なのかを保証する」 という役割です。 こちらはとても重要で、詐欺サイトやフィッシングサイトへ誘導されそうになったとしてもSSL証明書が「このサイトが正しいサイトなのかどうか」を証明してくれます。 二つ目の役割は「個人情報の保護を行う」です。 みなさん通販サイトなどで個人情報などを入力する機会などがあるかと思います。 ただ、そう言った情報が正しく処理されているかどうか気になりませんか? そう言った時にSSLで通信を行っていれば、送信されるデータは全て暗号化されて送信されるのです。 これで安心してネット通販を行うことができますね。 次の項目では、SSL証明書の違いについて解説を行います。

SSL証明書の違い

いざ、SSL証明書を導入しようと思ってもいろんな種類があってよく違いがわからないですよね。 そこで、あなたにあったSSL証明書を選ぶためにも証明書の違いを解説していきたいと思います。

企業実在認証・組織認証(OV)

こちらは企業様向けのSSL証明書となります。 費用としては年間6万円ほどのコストがかかりますが、証明書としての信頼度はかなり高い証明書となります。 上記のドメイン認証に加えて、企業が実在していることを証明するものです。

EV認証(EV)

こちらの証明書も企業向けの証明書となります。 そして一番高価な証明書となります。(年間で約13万円ほど) ただ、費用が高い分、信頼性は一番高い証明書となっております。 また、アドレスバーが緑色に表示されたり、組織情報が表示されたりEV認証独自の表示方法があります。

無料SSL

最後に一番おすすめのSSL証明書は、無料のSSL証明書となります。 こちらはLet’s Encryptという証明書で、大体のレンタルサーバーで使用することができます。 最近ではSSL証明書を発行していなければ、「このサイトは危険なサイトです」などの警告が出る場合もあるので、SSL証明書は発行したいけどお金は払いたくないという方にはぴったりな証明書となります。

最後に

今回はSSL証明書について、役割や仕組みを解説しましたがいかがだったでしょうか。 普段当然のように使っているインターネットにもいろいろな仕組みが導入されています。 これを機にいろいろなWEB技術に興味を持っていただければ幸いです。 SSL証明書はWEB上からも簡単に見ることができるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事を書いた人

株式会社Esolab 代表取締役

アーカイブ

カテゴリー

お問い合わせ

株式会社EsolabではWEBサイトやECサイトの運営など多岐にわたり事業を展開しています。
ホームページや自社ECサイトをお求めの方は一度お問い合わせください。

お問い合わせ