変数名や関数名に困ったらこれ!エンジニアのネーミングツールを紹介 | 株式会社Esolab
logo

ARTICLE

記事ページ

記事ページ

変数名や関数名に困ったらこれ!エンジニアのネーミングツールを紹介

TECH

エンジニアであれば変数名や関数名、プロパティ名などの命名は非常に重要なことであるのは言うまでもありません。

英語が苦手だからとGoogle翻訳などで翻訳した英語をそのまま変数などで使用しているエンジニアは少なくないのではないでしょうか?

そのような命名を行っていると非常に長くなり、よりわかりづらい命名となってしまうのは容易に想像できます。

そこで今回はプログラミングに自然な翻訳を行い、開発効率を上昇させてくれるエンジニアのためのネーミングツールを紹介したいと思います。

では見ていきましょう。

エンジニアのためのネーミングツール「codic」

エンジニアのためのネーミングツールである「ネーミング辞書codic」は、日本語を入力するだけで自動で翻訳しネーミングを生成してくれる非常に便利なツールです。

ツール自体は無料で使用することができ、会員登録をせずとも使用できます。

会員登録をすればネーミングをカスタマイズすることができます。

使用方法は左側の入力エリアに日本語を入力するだけです。

これだけで翻訳が完了します。

翻訳されるネーミングも通常の翻訳とは異なり、エンジニアが使用するような自然な翻訳が行われます。

さらにただ翻訳するだけでなく、指定した名前付け規則のネーミングを生成してくれます。

指定することができる名前付け規則は下記の6つです。

  • PascalCase・・・単語の先頭をすべて大文字にする
  • camelCase・・・先頭の単語だけ小文字にする
  • snake_case・・・単語の間をアンダーバーでつなぐ
  • SNAKE_CASE・・・単語をすべて大文字にして、単語の間をアンダーバーでつなぐ
  • ハイフネーション・・・単語の間をハイフンでつなぐ
  • 変換なし・・・単語の間にスペースでつなぐ

指定するだけで、自動で変換してくれます。

他にも真偽を返す名前をつけられたり、複数形にできたりと非常に便利なツールです。

使ってみるのが一番だと思うので、一度使用してみてください。

codicはこちらから

codic

まとめ

いかがだったでしょうか?

エンジニアの方で命名するのにいつも悩んでいたと言う方には今すぐにでも使用して欲しいツールです。

私自身もcodicを使用することにより開発効率が格段に上昇しました。

是非使用して、開発効率をあげましょう!

この記事を書いた人

田川烈

開発部 フロントエンジニア

アーカイブ

カテゴリー

  • OTHER (58)
  • TECH (44)
  • DESIGN (44)
  • SEO (7)
  • MARKETING (7)
  • お問い合わせ

    株式会社EsolabではWEBサイトやECサイトの運営など多岐にわたり事業を展開しています。
    ホームページや自社ECサイトをお求めの方は一度お問い合わせください。

    お問い合わせ