Google Apps Script(GAS)でできることを紹介! - 株式会社Esolab
logo

ARTICLE

記事ページ

記事ページ

Google Apps Script(GAS)でできることを紹介!

TECH

みなさんは普段スプレッドシートを使う機会はありますか?

使っている方には是非読んでいただきたい内容になります。

スプレッドシートでマクロを作成しようとする時に使用されるのが、Google Apps Script(GAS)です。

ExcelのVBAと同じようなものだと認識していただければいいかと思います。

では、今回はGoogle Apps Script(GAS)でできる内容について話していきたいと思います。

Google Apps Script(GAS)でできること



Googleのサービスと連携

Google Apps Script(GAS)はその名の通りGoogleが提供するプログラミング環境なので当然の如く、Googleのサービスとの連携ができます。

例えば、GメールやGoogleドライブ、Googleカレンダーなど様々なサービスとの連携が可能です。

Gメールで自動メール送信などができます。

外部サービスとの連携

外部サービスとの連携も可能です。

例えば、SlackやChatworkなどと連携することができ、進捗管理をすることなどが可能です。

進捗遅れが出ている場合などに通知するといったことも可能です。

スクレイピング

Google Apps Script(GAS)はURLを指定し、Webから特定の情報を取得することが可能です。

競合他社の商品情報やレビュー状況などを指定し、データを収集することができます。

作業の自動化

Google Apps Script(GAS)にはトリガーというものが設定でき、特定のタイミングで何かしらの処理を実行するということもできます。

毎日12時に競合他社の更新情報を取得し、データを収集するといったことも全て自動化ができます。

Webアプリの開発

これは少し難易度が上がる項目ではありますが、Google Apps Script(GAS)ではWebアプリを作成することもできます。

環境開発が不要なため、比較的簡単にWebアプリを作成することができます。

まとめ



いかがだったでしょうか?

Google Apps Script(GAS)だけでこれだけのことができるというのは非常に魅力的だと思います。

さらに費用もかかりません。

作業の自動化を取り入れ、業務効率化をはかりましょう!

この記事を書いた人

株式会社Esolab 代表取締役

アーカイブ

カテゴリー

お問い合わせ

株式会社EsolabではWEBサイトやECサイトの運営など多岐にわたり事業を展開しています。
ホームページや自社ECサイトをお求めの方は一度お問い合わせください。

お問い合わせ