【AddQuickTag】絶対入れるべきWordPressプラグイン | 株式会社Esolab
logo

ARTICLE

記事ページ

記事ページ

【AddQuickTag】絶対入れるべきWordPressプラグイン

TECH

みなさんAddQuickTagというプラグインをご存知ですか?AddQuickTagはボタン一つでコードを生成できるプラグインで記事投稿とかをする際にとても役に立つプラグインです。

AddQuickTagは弊社でも採用しているプラグインの一つでとても重宝しています。

本記事ではAddQuickTagの使い道と弊社で使っているテンプレートを配布していますので、ぜひ最後まで読んでください。

記事投稿にAddQuickTag

AddQuickTagは投稿記事や固定ページにコードをボタンで生成できるようにするプラグインです。

記事投稿をする際にテキスト画面で記事を書くことで綺麗なレイアウトにすることができます。

ただテキストのネックとなる部分がコードでテキストを入れないといけないことです。

プログラミングの知識がある人なら問題ないかもしれませんが、WordPressを使っている人が必ずしもプログラミング知識があるとは限りません。

そこでプログラミング知識がない人でも簡単にコードを書いて記事作成ができるのがこのAddQuickTagです。

納品する際にAddQuickTag

AddQuickTagは納品する際にも役に立ちます。例えばホームページを納品する際にクライアント側で記事投稿をしていきたいと言われることが多々あります。

そういう場合にAddQuickTagであらかじめコードを用意してあげるとクライアントさんの方で自由に記事追加ができるため、弊社での納品する際は基本的なコードをあらかじめ用意した上で納品するようにしています。

AddQuickTagの使い方

AddQuickTagの使い方ですが非常にシンプルです。AddQuickTagをインストールして、有効化した後に設定 > AddQuickTagからコードの登録が可能です。

ラベルの名前を設定して開始タグと終了タグにコードを入れます。そしてpostにチェックを入れて変更を保存しましょう。postにチェックを入れることで投稿画面に登録したラベルが表示されます。

WordPressAddQuickTag

このように必要なコードはあらかじめ登録しておきましょう。

AddQuickTagをテンプレート化

AddQuickTagは非常に便利で毎回サイトを作るごとに登録するのは面倒ですよね。

そんな人にはAddQuickTagをテンプレート化することで毎回登録する必要がありません。

テンプレートの仕方は一番下まで行くとエクスポートというセクションがあるのでそこからエクスポートファイルのダウンロードを押すとxmlファイルでエクスポートされるのでそれを保存します。

インポートする時はエクスポートの下にあったインポートセクションでファイル選択を押してxmlファイルをインポートすることで簡単に登録することができます。

WordPressAddQuickTag

弊社で使っているベーシックなテンプレートがあるので配布します。ご自由にダウンロードして使ってください。

ダウンロードする

まとめ

いかがだったでしょうか?AddQuickTagって本当に便利なのでぜひみなさんも使ってください。クライアントさんとかにかなり喜ばれるので開発側の人もAddQuickTag知らなかった人はぜひ導入してみてください。

株式会社EsolabではAddQuickTagなどを使いお客様自身でも更新できるサイトを制作しております。ホームページ制作をお考えの方は一度お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

この記事を書いた人

黒坂天翔

開発部 フロントエンジニア

アーカイブ

カテゴリー

  • TECH (35)
  • DESIGN (23)
  • OTHER (17)
  • MARKETING (6)
  • SEO (5)
  • お問い合わせ

    株式会社EsolabではWEBサイトやECサイトの運営など多岐にわたり事業を展開しています。
    ホームページや自社ECサイトをお求めの方は一度お問い合わせください。

    お問い合わせ