ワードプレスのユーザー一覧を権限毎にエクスポートするプラグイン | 株式会社Esolab
logo

ARTICLE

記事ページ

記事ページ

ワードプレスのユーザー一覧を権限毎にエクスポートするプラグイン

TECH

今回は、ワードプレスのユーザー一覧を権限毎に選択しCSVでエクスポートできるプラグインを紹介します。

会員制サイトなどではユーザー一覧をエクスポートすることによりユーザーの管理を行うことができます。

では実際に見ていきましょう。

ユーザー一覧をエクスポートするプラグイン

今回紹介するプラグインは「Export User Data」というプラグインです。

まずは、ワードプレスの管理画面からインストールしましょう。

インストールできたら有効化させます。

有効化できたことを確認できたら、管理画面サイドバーのユーザーの項目にExport User Dataという項目が追加されていると思うのでそれをクリックします。

Export User Dataの画面が開かれると、User Meta Fields・Format・Stored Options・Advanced Optionsという項目が縦に並んでいるかと思います。

まずは、Advanced Optionsから設定していきます。

Showと書いてある文字をクリックすると詳細オプションが表示されます。

Standard User Fieldsは標準のユーザー情報をフィールドに含めるかどうかを設定します。

Roleはエクスポートするユーザー権限を選択し、フィルタリングすることができます。

User Rolesは全てのユーザ権限を含めるかどうかです。

Registeredは登録日の範囲を指定しエクスポートすることができます。

Limit RangeのOffsetの項目に数字を入力するとその数分ユーザーをスキップします。

Limit RangeのTotalには最大出力件数を入力することができます。

Formatは出力する形式をCSVかエクセルかを選択することができます。

Stored Optionsには設定を保存する名称を入力することができます。

上記の設定が完了したら、最後に出力するフィールドを選択しエクスポートします。

以上でエクスポートは完了です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

上記のように使用することでユーザー一覧情報をエクスポートすることができます。

ユーザー情報を管理した場合などにぜひ使ってみてください。

この記事を書いた人

田川烈

開発部 フロントエンジニア

アーカイブ

カテゴリー

  • OTHER (56)
  • TECH (43)
  • DESIGN (43)
  • SEO (7)
  • MARKETING (6)
  • お問い合わせ

    株式会社EsolabではWEBサイトやECサイトの運営など多岐にわたり事業を展開しています。
    ホームページや自社ECサイトをお求めの方は一度お問い合わせください。

    お問い合わせ