【ShortCoder】指定の位置にショートコードを設置し中身が変えれるワードプレスプラグイン | 株式会社Esolab
logo

ARTICLE

記事ページ

記事ページ

【ShortCoder】指定の位置にショートコードを設置し中身が変えれるワードプレスプラグイン

TECH

最近クライアント様から位置は固定で中身の画像などをワードプレスの管理画面から変更したいという要望がありました。

そこで指定の位置にショートコードを設置だけして中身の画像を投稿と同じように変更できるプラグインを探していました。

そんな時に見つけたプラグインが「ShortCoder」です。

他にも使う機会が多そうなプラグインだったので紹介しておきます。

では、見ていきましょう。

ShortCoder

インストール

まずは、ワードプレスの管理画面のプラグインから新規追加をクリックし、「ShortCoder」と入力しましょう。

インストールをクリックし、完了したら有効化します。

使用方法

有効化できたらサイドバーの「ShortCoder」をクリックします。

開けたなら、ショートコードを作成をクリックします。

すると新規作成画面が開けたかと思います。

作成するにはまず、ショートコード名を入力します。

入力できたなら実際に出力する中身を記述します。

記述する方法は下記の3つです。

  • コードエディター
  • テキストエディター
  • ビジュアルエディター

この中から好きな記述方法を選択し、中身を入力してください。

また、横にショートコードのパラメータを挿入というボタンがあるのですが、これも非常に便利でワードプレスのサイト内情報や日付などを動的に取得してくれます。

もし使いたい項目があれば使用しましょう。

ここまで入力できればあとは、ショートコード設定です。

表示名は自身がわかりやすい名称を入力すればいいと思います。

次に、ショートコードを一時的に無効化するという項目ですが、今この内容は出てほしくないといった際に一時的に無効化することができる項目です。

続いて、管理者用ショートコードを無効化という項目ですが、これはあまり使うタイミングがなさそうなので省きます。

最後に端末内でショートコードを実行という項目ですが、スマホの時とPCの時で表示するかどうかを設定することができます。

最後の項目は使う頻度が多そうな気がしますね。

これらの項目を設定することができれば公開をクリックしましょう。

公開をクリックすれば固定ページなどの任意の位置にショートコードを設定するだけですぐに使い始めることができます。

また、非常にいいポイントが記事内にも挿入できる点です。

投稿ページに進めばわかるのですが、タグ一覧のところにShortCoderという項目が表示されているかと思います。

ここから登録しているショートコードを選択し、表示することができます。

あるカテゴリの記事全てにショートコードを設置し、ショートコード内を変更するだけでショートコードを設置している全ての記事の内容を変更することが可能です。

とても便利ではないですか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

非常に使い所が多そうなプラグインだと感じませんでしたか?

もし便利そうだと感じたら早速使用してみましょう!

この記事を書いた人

田川烈

開発部 フロントエンジニア

アーカイブ

カテゴリー

  • OTHER (56)
  • TECH (43)
  • DESIGN (43)
  • SEO (7)
  • MARKETING (6)
  • お問い合わせ

    株式会社EsolabではWEBサイトやECサイトの運営など多岐にわたり事業を展開しています。
    ホームページや自社ECサイトをお求めの方は一度お問い合わせください。

    お問い合わせ